交通事故の損害賠償額と年齢の意外な関係

交通事故に遭遇してしまった場合、必ずといっていいほどトラブルの種となっているのが
損害賠償額などの慰謝料の問題です。

これに関しては弁護士や保険会社を挟んで当事者たちで話し合いをする必要があるのですが、
損害賠償の金額に関しては一定の計算方式や法則が存在しており、年齢が低いほど高くなる傾向があるとされています。
では何故、年齢が低いほど高くなりやすいのかというところですが、

ネットを調べると以下のような記事が掲載されていました。
————————————-

保険料などの保険関連の問題が絡んできます。
それらも含めて簡単に言えば、
年齢の若い方の方が、年齢が高い方に比べて事故を起こす確率が高く
、保険を使うことが多いからだといわれています。
どういうことなのかというと、将来的な部分を客観的に見て年齢が若い方が今後も交通事故に遭遇したり起こしてしまうという可能性が高いため、
高齢者などと比較すると保険なども高く請求されることが多くなります。
そのため結果として損害賠償の計算の際にも年齢や保険に関連した情報が絡んでくるため、
結果として年齢が低くなればなるほど損害賠償として
支払う金額が多くなってしまうというわけです。
これに関してはいくつかの例外もあるので若いからといって必ずしもそうだというわけではないのですが、
この点はどのような計算をしても同じような結果になるという仕組みになっています。
なので、特に若い人の場合はできる限り交通事故を起こさないように運転するという心がけが大切になります。
————————————-

という内容の記事です。
しかし、実際はそうではなく、
これは労働能力喪失期間と関係してくると思います。怪我をして後遺症が残ると、働く力、つまり労働能力がある程度制限されてしまいます。
例えば、ずっと体調が悪いと徹夜で仕事をするなどの無理もきかないでしょう。
そのため、交通事故の賠償額には、後遺症に対する逸失利益という費目を請求することができます。
私の縁の深い福岡県や九州地方にお住まいであれば、こちら(→ 交通事故 弁護士 福岡)のサイトで相談されるのがオススメですが
弁護士に相談することでこの逸失利益は大きく上がることがあります。
是非一度弁護士に相談されることをオススメします。